SEEDSプログラム

SEEDプログラムという高大連携のプロジェクト(JST)を担当しました。SEEDSプログラム ホームページ

テーマ名 内容 TA (一緒にやった研究室の学生達) 講義内容と実験風景 受講生用のコンタクトフォーム

テーマ名

標準研究の重要性とその物理(超伝導の不思議な性質)

測定とは!ということを伝えたかったため

内容

(オフィシャル)物理の実験において定量性は非常に重要である。では、物理量は何を基準に決められているのだろうか?本実験ではその一例として電圧標準(ジョセフソン接合)を実際に作り、量子現象の不思議な世界を体験する。ここで、量子”だからこそ”基準”に最適ということを理解して欲しい。

※考えてる途中で、内容がもろ被りの先輩の資料をネットで見つけ、”またパクったな”って言われそう(笑)

TA (一緒にやった研究室の学生達)

前田君(主に低温での電気測定をサポート), 谷口君(ジョセフソン接合の製作), 河村くん(測定プログラムを作製), 岩切君(空洞共振器の作製) ※TAではないが則元君は工作・プログラムに関して、技術面から全体をサポートしてくれました。

僕は全体のバランサー兼、技術の最後の砦。みんな、主体的にやってくれたので楽でした(感謝)。

講義内容と実験風景

フローチャート(当初の予定) [pdfファイル]

2015/11/8 (一日目)

2015/11/15 (一日目)

 

2015/11/22 (三日目)

2015/12/13 (四日目) ※泣きの一回

実験結果(グラフ)
実験風景(写真) ※プライバシーの都合でパスワードを入力して下さい

受講生用のコンタクトフォーム

氏名 ※ニックネームはやめてね

メールアドレス ※必ず記入)

題名 ※名前を苗字かニックネームに変えて

メッセージ本文

添付ファイル(レポート) 
※可能なファイル:jpg,jpeg,png,gif,pdf,doc,docx,ppt,pptx
※ファイルサイズ:最大5 MB (写真は圧縮してね)